あれやこれやこっそりブログでつぶやきたい。誤字脱字乱筆乱文王国、ご了承ください。
サムライ7と米侍林田へいはちにガンガン愛を注ぐ最近めっきりきだつよし版へいさんFC 
&今更ですが、伸たまき著「パーム」の絶滅危惧サークルの猫間のブログ…なにとぞ!
I thank you for your visiting my blog.
I am very sorry, this blog is Japanese only.but hopeing
that you enjoy little bit(tiny tiny bit) my clumsy works.
 
<< 熱海怪獣映画祭 迷走しつつすべりこみ | main | 西のリー06aです すっかり忘れてました >>
有志イベントの熱と官製イベントの冷め

なんと想定以上の反響で、熱海怪獣映画祭の
クラファンは目標額をかるーーく越え、
目標の127%で締め切られました。よかった。

よかったなーーほんとうによかった。
これだけ期待してる人が多いということです。
面白い時代だなぁ、応援したい人を直接応援できる。
いい時代ですーー。

世の中には面白いことを応援したいという人がいっぱい。
温かい人の多い世の中なんだなーと思いました。
【WEBで知る人の心の温かさ】いい時代です。

 

コミケもそうですが、自分の好きなものを
同じように好きな人や情熱を注ぐ人を応援したい
その気持ちよくわかります。

ただ今までは「どうやって応援したらいいの?」
だったんでしょうねーー。ほんとにいい時代。

コミケで、大好きな作品を一生懸命描いてる
大好きが伝わってくるーーそんな気持ちの入った本は
やっぱり買ってしまうのですよね。
その情熱が結果世界を動かしてる
「クールジャパン」なんですよ。

箱だけあってもクールにならない。

 

からっぽのクールジャパン量産しても意味がない。

箱を用意したんだから君たち情熱を吹き込みなさい
といわれてできるものではない。

そこが理解できてないから
官製の残念なクールジャパンが大量発生してる。
この気持ちが理解できない人が企画しても
からっぽの魂の入ってない箱ができるだけです。

そして空っぽの箱ほどかっこわるいものはない。
そしてそれに惹かれるほど人はおばかじゃない。

 

有志イベントが結局は成長するのは
熱やら魂やら好きやら楽しいやらのいろんな
気持ちが詰まっているからです。

それだけに分離や衝突も多いけれど
それを繰り返して成長していくんだと思う。
今のコミケみてると本当にそう思います。
自分たちのイベントという気持ちがあるから
成長したんですよーーーそこ大切です。

残念クールジャパン撲滅運動必要かもしれない。

 

熱海怪獣映画祭、色々と大変ですが
ぜひぜひ成功しますようにーーーお祈りしてます。

JUGEMテーマ:エンターテイメント

【2018.07.31 Tuesday】 author : 猫間
| 閑話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nekoblog1.mojizurisou.com/trackback/1528358
トラックバック