あれやこれやこっそりブログでつぶやきたい。誤字脱字乱筆乱文王国、ご了承ください。
サムライ7と米侍林田へいはちにガンガン愛を注ぐ最近めっきりきだつよし版へいさんFC 
&今更ですが、伸たまき著「パーム」の絶滅危惧サークルの猫間のブログ…なにとぞ!
I thank you for your visiting my blog.
I am very sorry, this blog is Japanese only.but hopeing
that you enjoy little bit(tiny tiny bit) my clumsy works.
 
<< 夏コミケ終了しました。2019年は4日間開催?! | main | 今週のどたばたーーほんとにどたばたでした >>
初めて共感してもらった「力石(じゃないけど)生きてた」

普段、あまり回りに共感してくれる方がいないので
ひとりでもやもやしていたのですがー
最終回で腰が抜けた「メガロポリス」

 

夏コミのアフターで「やっぱりおなじこと思ったのね」
いやー共感してもらえるって楽しいし安心する。
だって、ほら力石(じゃないけど)生きてたってーー
やっぱり「えーーーー」ってなります。

なんというかかんというかこれが今のコンプライアンス。
なんだろうかーーースポーツでのリアル死闘はNGか?
でもさーーあんなのどかな終わりってなぁ

 

一番男気あったのは目玉くりぬいた丹下のおっさん
くりぬきぞんだわ。かわいそうに。
というわけで化け猫はもやってましたが、
バッキバキのジョー大好きな方はどうだったの?
それが一番きになるところです。

 

まあなにがどうでも力石じゃないからーー
「別作品」ということで考えれば動揺することもない。

作画もいろいろと力がはいっててー
けっこう面白く楽しくみていただけに、ラストの落とし穴は
思いっきりはまってしまったーーー。
ドッキリかと思ってしまいましたもの。
これが平成コンプライアンスと思えばいいのかもしれない。

 

そういえば平成の作品は「しごき」」とか
「地獄のなんとか」みたいなあほーみたいな
体壊しそうな練習やるシーンはでてこなくなった。

もうスポ根ジャンルは生まれないーー
平成とともに過去の遺物になってしまいましたな。

 

あたっくなんばーわんの髭のコーチなんかもう
つるし上げられて謝罪会見で叩かれて炎上でー
そう踏まえて昭和のスポ根を読むと面白いかも。

星一徹なんか一発で留置所行きです。
子供に拷問器具をつける虐待親。
なんでもありのとんでもない時代だったもんだ。
それをみんな涙して読んでいたんだからなぁ
おめでたいったらありゃしない。

大らかないい時代だったというポジティブな表現も
ありですけどねーーー。


そのうちマンガも
「これはフィクションです。実際の部活動は
コンプライアンスにのっとり生徒の健康と人権を守り
青少年の健やかな育成を目的に行われます」
みたいな文言がはいるのだろうかーーー
「ぐらぶる」みたいに…。
(「強制飲酒を奨励しているものではありません」)

 

逆をつくなら、注意文をいれれば
なんでもOKってことなんだろうか?
それはそれで逆手を付いたやりかたかもしれない。

 

血反吐はいてもボールにくらいけーーー
失神したらバケツで水ぶっかけろーーーとか
もうめちゃくちゃ。なんだったんだ〜このノリは。

でもちょっと前まで水飲んだらだめとか
ふざけた学校のルールありましたよ。
今考えるとよく死者が出なかったもんだと思う。

 

夏コミアフターでやっとこの思いを吐き出せました。
共感してもらえてすっきりしたーーー

面白かったから別物として考えれば◎。
メガロポリスはとても楽しい作品でございました。

JUGEMテーマ:エンターテイメント

【2018.08.14 Tuesday】 author : 猫間
| アニメ・漫画など | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nekoblog1.mojizurisou.com/trackback/1528362
トラックバック