あれやこれやこっそりブログでつぶやきたい。誤字脱字乱筆乱文王国、ご了承ください。
サムライ7と米侍林田へいはちにガンガン愛を注ぐ最近めっきりきだつよし版へいさんFC 
&今更ですが、伸たまき著「パーム」の絶滅危惧サークルの猫間のブログ…なにとぞ!
I thank you for your visiting my blog.
I am very sorry, this blog is Japanese only.but hopeing
that you enjoy little bit(tiny tiny bit) my clumsy works.
 
<< ロンドンはやっぱり警戒厳重でした | main | とんでもない事件が連発していますーー >>
大英博物館マンガ展ご報告

帰国してからそのまま普通の生活に戻ったので
片付けもなにもそのまま。やっと日曜日に片付け。
普通の日常に戻りましたーー。


旅行にいったからなにか変わるわけでもなく
タンタンと日常に戻ってますがーー
今回の大英博物館漫画展でいちばん驚いたのは
コミケカタログが展示されていたことーーーー
どひやーーーーーーーー!
「大英博物館の正式な展示物」として鎮座する
コミケカタログ、しかも触れるし、検索してもok
思わず自分や友達のサークルを検索して記念写真。

こんなところで大英博物館とリンクするとはなぁ
なんだか感慨深いです。

 

大英博物館は基本無料、
援助の寄付を募ってますが強制ではない
入場は無料なのに有料特別展はお高い。
ムンクが17.50ポンド、これも高いなと思いましたが
漫画展の入場料がこれまたお高いのです。

19.50ポンドですよ!3,000円!
大人は相当興味のある人だけ、
あとは無料の子供の学校の課外授業が多かった?
あまり興味のない観光客でわざわざ来る人は少ない
日本の方はほぼこれが目的の方か在英か
平日はけっこう不思議な客層でした。

 

立ち読みコーナーとかあるのでその気になれば
1日時間つぶせるかもしれないけど、
よっぽど知識と興味がないとスルーーっと流して
終わってしまう感じかなぁ。
ひとつひとつはとんでもなく貴重なものばかりです。
なかなか原画を見る機会がないものばかり。

 

手塚治虫先生から進撃の巨人までーー
その中でうずまきやら諸星大二郎やら
ポーの一族やらねじ式やら
コミケとは!やら、同人誌とは?やら
盛りだくさんでした。

写真も撮り放題だったのでちょいちょいご報告がてら
アップしていきます。

ほぼ大英博物館にこもりきりだったロンドンは
大変楽しかったです。

 

ちなみに大英博物館の旧館はエアコンがなく
34度をスコアした土曜日、人気のみいらエリアは
大量の扇風機導入でふんばってましたが
観光客が倒れそうな環境になってましたーー。
この環境でみいらは大丈夫なんだろうか

行くなら気候のよい時期をおすすめします。

JUGEMテーマ:エンターテイメント

【2019.07.08 Monday】 author : 猫間
| 閑話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nekoblog1.mojizurisou.com/trackback/1528413
トラックバック